ペンギンカメラ買取サービス 利用規約

第1条(買取サービスの利用)
1.本Webサイト上において弊社が提供する「買取サービス」は、成年者のみが利用できるものとします。ネット買取査定のみの利用についても同様です。
2.「買取サービス」利用を希望する者(以下「利用者」といいます)は、本Webサイトの「買取査定について」所定の手続きに従って「買取サービス」を利用するものとします。
3.利用者が買取査定を依頼し、弊社に売却するカメラまたはカメラ用品(以下「買取依頼品」とします)は、利用者の単独所有にかかる物のみとします。 それ以外の品は利用者の同居の親族の所有物、利用者が長期に渡って借用している品、あるいは利用者と同居の親族を含めた第三者との共同所有物等であっても、 本「買取サービス」の対象外となり、弊社は買取査定及び買い取りを行いません。

第2条(規約の制定、変更、及び効果)
1.弊社は本規約の一部を構成する個別規定及び追加規定を別途定めることができるものとします。
2.本規約と個別規定及び追加規定が異なる場合には、個別規定及び追加規定が優先されるものとします。
3.弊社は利用者の承諾なく本規約の変更及び個別規定並びに追加規定の制定・変更を行えるものとし、本Webサイト上での掲示またはその他の方法により利用者に告知し、 その効力が生じるものとします。弊社が上記告知を行った後に利用者が商品の買取査定依頼を行った時、利用者は当該規約の制定・変更に同意したものとします。

第3条(買取査定申込及び買取依頼)
1.利用者は、本規約を熟読し、その内容の全てについて承諾した上で、買取査定を申込み、買取を依頼するものとします。
2.利用者は「買取サービス」利用の都度、氏名(本名に限ります)、住所、生年月日、電話番号、電子メールアドレス等、利用に必要な情報として弊社が定める必要事項を、買取査定申込み画面において、偽り無く届け出るものとします。
3.弊社は、利用者が以下各号の何れかに該当することが判明した場合、「買取サービス」利用をお断りする場合があります。
(1)利用者が未成年者、または成年被後見人その他民法上の制限能力者である場合
(2)利用者の住所、居所が判明せず、実在が確認できない場合
(3)利用者が日本国内に居住していない場合
(4)利用者が届け出た内容に、虚偽、誤りの届け出があった場合
(5)利用者が、過去に不正利用等を行ったことがある場合
(6)利用者が暴力団等、反社会的集団の構成員である場合
(7)その他弊社が利用者として不適当と判断した場合

第4条(届け出事項の変更)
1.利用者は、前条2項で届け出た事項に変更があった場合は、弊社の指定する方法により速やかに届け出るものとします。
ただし、買取査定を申し込んだ後に利用者名義を変更することはできません。この場合は買取査定を中止し、改めて買取査定を申込み直してください。また、住所を変更される場合は、新住所を証明する身分証明書の添付が必要です。
2.前項の届け出を怠った場合、利用者に生じる不利益を弊社は一切責任を負わないものとします。

第5条(買取サービスにおける契約の成立)
1.「買取サービス」における売買契約は、利用者が「買取査定について」所定の手続きに従って弊社に買取依頼品を送付した後、弊社が回答した最終買取査定額に対する利用者からの当該最終買取査定額を承諾する通知が弊社に到着したときに成立します。
2.弊社は利用者より送付された買取依頼品を買取査定した結果、買取ができないと判断した場合は、速やかにその旨を利用者に通知し、所定の手続きに従って買取依頼品を返送します。
3.買取査定申込みに対して弊社が初めに回答する仮買取査定金額の有効期限は、弊社が仮買取査定金額を返信してから14日間とします。
4.前項の仮買取査定金額は、利用者が入力した情報のみに基づく目安の金額であり、利用者が買取依頼品を弊社に送付した場合、弊社は当該仮買取査定金額に何ら拘束されずに最終買取査定額を算定できるものとします。
5.弊社が最終買取査定額を通知した後、7日以内に利用者から弊社に対してその諾否が到着しない場合、弊社はさらに7日間の期限を設けて再通知を行います。再通知に対してもなお期限内にその諾否が弊社に到着しない場合、 弊社はその選択に従って最終買取査定額での買取、または買取の撤回をすることができます。利用者はこれに対して異議を述べないものとします。
6.前項において弊社が買取の撤回を選択した場合、弊社は利用者の費用と負担において当該買取依頼品を利用者宛に返送します。この場合の商品の毀損・滅失・紛失の危険はすべて利用者が負担するものとします。

第6条(買取不可物の処分)
前条第2項の場合において、利用者が当該買取依頼品の処分を依頼する場合、利用者が希望し、弊社が認めた場合は、弊社は利用者より実費の支払いを受けて当該買取依頼品の廃棄を行うことができます。ただし、危険物及び法令に違反する買取依頼品についてはこの限りではありません。

第7条(利用者の責任)
「買取サービス」を受けるために必要となる通信機器(電話利用契約、プロバイダ契約等を含む)、コンピュータその他の機器、ソフトウェア等の設置、維持は、利用者が自らの費用と責任で行うものとし、弊社はその費用負担および不具合等に関して一切の責任を負わないものとします。

第8条(利用者情報の取扱い)
1.弊社は第3条2項に基づき利用者が届け出た個人情報や、利用者の本Webサイト上でのご利用状況を弊社のデータベースに登録させていただきます。登録情報は弊社に帰属するものとします。
2.弊社は、別途本Webサイト上に掲載する「プライバシーポリシー」に基づき、取得した利用者情報の保護に最大限の注意を払い、個人情報管理を適切に行うものとします。

第9条(アンケート実施、広告・情報等の配信)
弊社は、「買取サービス」にかかわる範囲で、利用者に対してのアンケートの実施や有益と思われる情報、広告等の配信をメールまたはその他の方法で行う場合があります。 利用者は、弊社に対して、このような配信の中止を申し出ることができることとします。

第10条(著作権等)
1.本規約または個別規定、追加規定に別段の定めがある場合を除き、「買取サービス」に関するWebサイト上で提供される各コンテンツ、情報、サービスについての著作権その他の知的財産権は、弊社もしくはその提供者に属するものとし、 各コンテンツ、情報、サービスの集合体としての「買取サービス」の著作権その他知的財産権は、弊社に帰属するものとします。
2.利用者は、前項にて規定される各コンテンツ、情報、サービスについて弊社またはそれらの権利者の許諾を得ることなく、非営利的かつ個人的に使用する範囲を超えて、使用することはできません。
3.利用者は弊社の承諾なく「買取サービス」Webサイトへのハイパーリンクを設定することができないものとします。
4.本条各項の規定に反して、著作権等の知的財産権に係る紛争が生じた場合、利用者は自己の責任と費用をもって、これを解決するものとし、弊社はその責任の一切を負わないものとします。

第11条(「買取サービス」の変更・中断等)
1.弊社は、利用者に対して事前に通知することなく、「買取サービス」の内容を変更または廃止する場合があります。
2.弊社は、以下各号の何れかに該当する場合、利用者に対して事前に通知することなく、「買取サービス」の一部もしくは全部を一時中断、または停止することがあります。
(1)「買取サービス」提供のための装置、システム等の保守点検、更新を定期的もしくは緊急に行う場合
(2)火災、停電、天災、事変等の不可抗力もしくは不測の事態により「買取サービス」の提供が困難な場合
(3)弊社が「買取サービス」の提供のために利用している通信事業者の役務が提供されない場合
(4)その他、運用上あるいは技術上、弊社が「買取サービス」の一時中断または停止が必要であると判断した場合
3.「買取サービス」の変更、廃止または中断、停止に起因する利用者または第三者の不利益、損害について、弊社はその一切の責任を負わないものとします。

第12条(免責事項)
1.弊社は、「買取サービス」上で提供される一切の情報・コンテンツ等(コンピュータプログラム等を含む)について、その正確性、有用性、最新性、確実性、動作性、安全性等、いかなる保証をするものではありません。
2.利用者が「買取サービス」の利用に関して、他の利用者や第三者に与えた不利益、損害について紛争が生じた場合、利用者は自己の責任と費用をもってこれを解決するものとし、弊社にその責任を問うことはできないものとします。
3.利用者は、第15条に定める他、やむを得ない事由による「買取サービス」上のシステム故障等により、各種情報が消失することがあることについて、あらかじめ承諾するものとします。

第13条(損害賠償)
利用者が「買取サービス」の利用に関して本規約に反した行為、または不正、違法な行為を行い、弊社に損害を与えた場合、弊社は当該利用者に対して相応の損害賠償の請求ができるものとします。

第14条(準拠法)
本規約における取り決めの効力、履行及び解釈に関しては、日本国法が適用されるものとします。

第15条(専属的合意管轄裁判所)
本規約に関して、利用者と弊社との間に紛争が生じた場合は、横浜地方裁判所を第一審の専属的合意裁判所とします。
附則 本規約は2010年12月1日より適用します。